失敗する留学とは

留学する前は、帰るころには英語がペラペラに
なっている、と思っていたのに、
1年後に帰ってきても、留学前とさほど英語力が
変わっていない。。

そんな、「失敗した」留学の話、よく聞きませんか?

これにはいろいろ理由があると思います。
例えば、日本人が多い場所に留学して
日本人とばかり行動してしまった、など。

ただもう一つ、大きな理由として
「留学前の準備不足」があるのではないでしょうか。

例えば野球に例えると、
留学というのは実際の野球の試合です。
もし、バットの振り方がわからなかったら、
試合に参加する前に、まずは素振りから始めなくてはなりませんよね。

でも、実際に外国に着いてから、
試合に出ずに素振りの練習をしているなんてもったいないですよね!?

しかし残念なことに、多くの留学生にとってそれが現実なのです。

直ぐに試合に出られるように、日本で十分基礎練習をしてから行きましょう!

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ