英会話に文法は必要?

「英会話に文法はあまり必要ない」
「単語さえちゃんと発音できればコミュニケーションはとれる」

そう思っている方、いませんか?

実はそのように考えていると、英語はなかなか上達しません。

その理由を簡単に説明すると、
確かに「日本語」は単語だけで会話が成り立ちます。

でも「英語」は、正しい文法があって、初めて単語が正しい意味を持ちます。

そうです。この二つの言語は根本的に仕組みが違うのです。

英語は、文法が正しくないと通じません。

英語のネイティブスピーカーに対して、
どんなにきれいな発音で単語を伝えたところで、
初めに「主語」、次に「動詞」が来ないと、
言葉として意味をなさないのです。

急がば回れ、ということで、
英会話をマスターしたい人はぜひ文法にも目を向けてみてください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ